読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲く言葉

日本語パートナーズとしてタイへ。

日本語パートナーズとして2017年5月からタイへ。
タイで何ができるのか。
何を吸収し、何を伝えていくのか。
現地に行かなければわからないことはたくさんあるでしょう。
しかし、知ることで不安が解消されたり、準備ができることもあります。
このブログが少しでも、いつか誰かのお役に立つことができれば幸いです。
HaL

タイでの服装は…

こんばんは、HaLです。今日はいま現在も悩みながら準備を進めているタイでの服装について。

旅行であれば、寺院やレストランなど、行く場所のドレスコードに合わせて準備をすると良いと思います。暑いけど、長いパンツに襟付きシャツが無難ですね。

学校に赴任するとなれば、それ相応の服装であるべきだと思うのですが、何よりも心配なのは暑さ。。スーツというわけにはいかなさそうです。

日本の真夏よりもずっと暑いのがずっと続くと想像しているのですが、そうなると学校へ着く頃には汗だくになっているだろうなぁと…。学校に着いてから着替えたりとかすることになるかもなぁとか、想像力を働かせてみています(笑)

 

実際に何を買ったかはまた今度紹介するとして、タイでの服装には何を気をつけるべきなのでしょうか。

曜日によって色が違う

ところで、自分が生まれた曜日ってご存知ですか?在タイ歴の長い人に聞いたのですが、タイの方は皆さん自分の誕生曜日を把握しているのだとか。そして、その曜日ごとに決められた色がラッキーカラーとなるそうです。

日曜日:
月曜日:
火曜日:
水曜日:
木曜日:オレンジ
金曜日:
土曜日:

自分のラッキーカラーだけでなく、曜日の色を身につけることも縁起が良いそうです。また、国王や王妃に敬意を表して、彼らの誕生曜日にそのカラーの服を身に着ける人も多いのだとか。

曜日ごとの色の服を用意しておかねば…!こうやって見てみると、自分の服の色がいかに偏っているかを思い知らされます。赤も黄色もオレンジもピンクも無いよ…!笑

学校によっては式典の時には学校のイメージカラーを着ることもあるそうなので、バリエーションが揃っているのに越したことはありませんね。

自分の誕生曜日を知りたい方は、ネットで簡単に調べることができます。占いのベースにもなるそうです^^ ⇨曜日占い

アイロンがけが大事!

タイの人は身だしなみに気を使う、と何度も触れてきましたが、なんにでもアイロンをかけるのも特徴だそうです。例えば、カッターシャツだけでなくTシャツやポロシャツにもアイロンをかけるだけでなく、しっかりと肩のところに線が入るようにプレスするのだとか。また、下着にもアイロンをかける人も。Yシャツなんかをクリーニングを頼むと、ノリをこれでもかときかせて、パリッパリに仕上げてくれるそうです^^

当初、仕事用にノーアイロンのシャツを買おうかなと考えていたんですが、そのことを知って、大人しく現地でアイロンを買うことにしました。安ければ600バーツぐらいからあるそうなので、2〜3000円ぐらいで買えたらいいなと思っています。日本では、とにかくアイロンかける手間を減らしたくて、皺になりにくい素材などを選んでいましたが…タイではTシャツにもアイロンをかける女になります!

女性教師はスカート?

パンプスの記事でも触れましたが、先生という立場になると、それなりに求められる服装もあるようです。ある人の体験では「女性の先生はスカートにパンプス」とありました(もちろん、学校にもよると思います)。日本語パートナーズは先生とは違うんですが、前に立つ立場ですから、現地の先生に準じた格好をするべきかなと考えています(研修でも指示等があると思います)。

普段全くスカートを履かないので(合う靴がないから)、ちょっと困ってしまいました。毎日スカートを履くわけではないにしても、1つぐらい持っていないとと思って、ドレスアップにも使えそうで、楽なロングスカートを1つ購入しました(^^ゞ

 

購入したものたちはまた今度ご紹介できればと思います(^o^)

HaL