花咲く言葉

日本語パートナーズとしてタイへ。

日本語パートナーズとして2017年5月からタイへ。
タイで何ができるのか。
何を吸収し、何を伝えていくのか。
現地に行かなければわからないことはたくさんあるでしょう。
しかし、知ることで不安が解消されたり、準備ができることもあります。
このブログが少しでも、いつか誰かのお役に立つことができれば幸いです。
HaL

研修2日目:午後 日本語パートナーズの役割

研修2日目、午前の現地語オリエンテーションが終わると、午後は日本語パートナーズ(以下NP)として必要な知識や、NP事業の制度について研修を受けます。

海外の日本語教育とパートナーズの役割

まずは日本語教育事情についての研修です。国内と海外の日本語教育の違いや、東南アジアでの日本語教育について、ディスカッションの時間を取りながら学んでいきます。日本語教師養成講座でも、時間をかけて学んだところなので、えらくサラッと説明されたような印象を受けましたが、この研修で大切なのは、検定の問題に答えられる知識を得ることではなく、概要を把握して「NPとしての役割」を考えることです。

NPは日本語教師ではありません。あくまで現地の日本語教師(以下CP)のアシスタントであり、ネイティブスピーカーとしての役割が求められます(中学校や高校のALTのような役割)。ディスカッションでは、CP・NPそれぞれの長所/短所を出し合い、自分たちNPの役割を考えました。CPは学習者と母語・文化背景・日本語学習の経験という面で共通点を持ち、だからこそできる細やかなサポートや指導があります。一方NPは、タイ語で日本語の文法を説明できる人はほとんどいません。しかし、日本人の自然な日本語、振る舞いを見せ、そして実際に日本語を使う相手になることができます。

また、実際にタイに派遣された先輩NPの方々へのアンケート結果を参考に、NPに必要な資質についても学びました。先輩方も色々な場面で不自由さを感じたり、自分の能力不足を知ったり、その上でそれを補う努力をされてきたのだと伺えました。

「日本語を教える!」「学生の日本語力を伸ばす!」とガチガチに考えるのではなく、「日本に関心を持ってもらう」「日本語に触れる機会をつくる」というような事がNPに求められているのだと学びました。

ミャンマーへ行く方は、大学で日本語専攻課での活動になるため、多少重きを置くべきところが違うというようなお話もありました。日本語能力試験とか重視しているのでしょうか…)

 

自分の状況に置き換えて考えてみたのですが、私は学生の頃、特に英語の授業が好きだったわけではなかったように思います。でも、英語ができるようになることへの憧れはありました。それは、英語そのものが面白いからではなく、英語を話す人やその国、文化に興味・関心があったからに他なりません。英語が使えるようになることで、コミュニケーションを取ることができる人の範囲が大幅に広がることに魅力を感じていたのでしょう。実際に使える英語力を身に付けたくて、18歳の時に英会話教室でのアルバイトもしました。

 

東南アジアで日本語を学ぶ学生の83%が、「日本語でのコミュニケーション」を学習の目的としているそうです。そうですよね、私も英語は使うために習得しました。言語を学んだその先、その言語を使って何をするか…が学習意欲に大きく影響すると思います。

 

日本語を使ってみたい、日本人と話をしてみたい、日本のことを知りたい、と思ってくれる学生の気持ちに応えられるように。そして、少しでも多くの人に、日本人と話してみたいな、日本語って、日本って面白そうだな、と関心を持ってもらえる機会づくりをしていけたらと思います。

具体的に何をすればその機会を作れるのか…というところを、この1ヶ月の研修の中でしっかり考え、身に付けていきます!

 

 HaL

研修2日目:現地語クラス分けレベルチェック

今日の午前は、楽しみにしていた現地語研修!のためのオリエンテーションがありました。明日からの授業に向けて、クラス分けレベルチェックがあるのですが、大多数の人はタイ語に触れたことがありません。「テストって何をやるの?」「何を聞かれてるかもわからないと思うんだけど…」と、昨日の夜からあちこちで囁かれていました。何もわからないのが前提なので、テストを控えていながら、焦りもしなければ不安もありません。昨夜はぐっすり眠りました。

オリエンテーションでは、まずタイ5期とミャンマー3期、シンガポール3期全員が集まり、全体説明があります。現地語研修では、タイ語10クラス、ミャンマー語クラス、シンガポール英語クラスに分かれます。それぞれの担当講師計12名に、現地語による自己紹介と挨拶をして頂きました。

 

タイ語「サワッディーカ、ディチャンチュー〇〇カー、マーチャック△△カー。〜〜〜〜〜〜〜〜。コップクンカー」

「こんにちは、私は〇〇と申します。△△から来ました。〜〜〜〜〜〜〜。ありがとうございます。」という感じです(多分)。辛うじて、名前を言ってるんだな、とか(馴染みのある地名だと)バンコクから来たんだな、とかがわかりました。〜〜〜〜〜〜の部分は一言メッセージなんですが、どんな雰囲気のことを言っているのかもさっぱりです。講師の名前一覧があるにも関わらず、それを見ていても半分以上は名前すら聞き取れず…。

 

ミャンマー語「*******************************」

当然ながらさっぱりです。

 

最後に英語の先生の自己紹介が終わると、司会の方が「最後に英語を聞いて皆さんホッとしましたね」と一言。多くの人が大きく頷いた瞬間です。

 

その後、タイ赴任のメンバーは[筆記試験→面接]のグループと、[面接→筆記試験]のグループに分かれて試験を受けます。ミャンマーのメンバーはレベルチェックはするものの、クラスは1クラス。シンガポール英語は今日から早速授業だそうです。

 

私は先に筆記試験を受けます。簡単な数字ぐらいしかわかりません。あと、発音記号と子音字を一致させる問題には一応答えました。最初は、全くわからない問題でも選択肢があるものは選んで埋めておいたのですが、途中「無理やり空欄を埋めるよりも、わからないところは空欄のほうがちゃんとレベル分け判断ができる」と言われ、大部分を消しました(笑)

大学とかで学んだことがある方は、テスト前は緊張されていましたが、たぶん一度でもちゃんと勉強したことがある人は普通にわかる問題ばかりなのだろうと思います。あとは、自己紹介を発音記号またはタイ文字で書く欄があったので、その辺りでレベル判断されるのかな?という予想。レベルが高い人たちの細かなレベルの違いには今の私にはわかりません…。

 

その後は1人5分ほどの面接です。「サワッディーカー」と入室。ここで私の実力は出し切ったも同然。面接官は2人でタイ人の女性と日本人の男性でした。男性の方から、タイ語での質問にタイ語で答えるように言われ、質問の内容にだけ答えるように指示を受けました。そして女性がタイ語で話し始めます。名前を聞かれたような気がしたので、名前を答えました。あとは、出身地や年齢を聞かれました。文章としては頭に入ってこないのですが、区切ってゆっくり繰り返してくださるので、「チュー(名前)」「アライ(何)」「マーチャック(〜から来た)」などの単語を拾って理解し、単語で返す感じです。その後、「仕事は何ですか?」と聞かれ、聞かれていることはわかるのですがタイ語で答えられず、「わかりません」の言い方もわからないので、首を横に振りました。すると、またゆっくり繰り返して聞いてくださいます。また首を横に振ります(笑)すると、「お仕事はなんですか?」と日本語で聞かれました(笑)なので「タイ語で答えられません」と日本語で答えました。その後は日本語で仕事についてや、タイに行ったことがあるか、タイ料理が好きか等を聞かれました。その後、タイ語をどう勉強したのか聞かれ(自己紹介フレーズ程度ですが…)、独学かどうかを確認されました。

 

そんな感じでクラス分けレベルチェック終了です!70名が10クラスに分かれるので、少人数で会話中心のクラスになると思います(土曜日は任意の文字クラスも)。どんな顔ぶれのクラスになるのか楽しみです!!この1ヶ月、みっちり勉強してCP(現地のタイ人日本語教師)の先生を驚かせたいです^^

それでは午後の研修へ行ってまいります。

 

HaL

研修1日目

いよいよ研修開始です。

1日目の今日は、朝からずーっとオリエンテーションです。午前は国際交流基金アジアセンターの事業についての説明に始まり、日本語パートナーズとしてどのような心構えで行くべきなのか、周りからどのように見られているのかというお話がありました。

特に地方の日本人が少ない地域では、学校以外でも日本語パートナーズ=日本人代表として見られますし、公務で来ているわけですから、より強い責任感を持つ必要があります。その為、学生さんや、社会人経験の短い25歳以下の方に向けては、後日別枠で心構えについての研修もあります。

その後、課題として書いてきた自己紹介シート(研修メンバーで共有)や、交通費等の手続き、任意参加講義の希望票などの諸々の書類を提出して午前の研修修了。

お昼ご飯の前後に図書館利用案内があり、お腹いっぱいになったところで午後のオリエンテーション開始です。食べた後なので眠くならないか心配…だったのですが、午後は少しだけ身体を動かすアイスブレーキングから始まりました。全員で協力して机を中央に寄せた後、いくつかの質問に答えます。例えば、

・出身地

・赴任国へ行った経験(期間)

・生まれ月

・現地語レベル

・日本語を教えた経験 etc.

それぞれのお題に対して4つの答えがあり、自分が該当する①〜④の番号に合わせて会場の四隅に別れます。そしてそのグループの中で、お題に関連したお話をするわけです。

席についていると、周りの人としか話せませんが、こうやって移動して話すことで色々な人と話せますし、お題があるので話す内容も浮かびやすいです。お題にそった話をしながら自己紹介をすることで、顔とエピソードが覚えられます。

しかし、如何せん74名もの大人数なので、名前を覚えるのが大変…!何人もの人と一気に交流したので、名前がごちゃごちゃになってしまったり、「あー〇〇の話してた人だよねー、あれ、名前聞いたっけ…?」となってしまったり。できるだけ、初回にちゃんと名前をお聞きして、あえて名前を呼んで覚えるようにしたいです。

全員は無理でも、話す機会を持てた人の名前ぐらい、ちゃんと覚えたい!

 

そして、その後のオリエンテーションでは、日本語パートナーズとして研修中にどんなことを学ぶのか、というお話をされました。どんな役割を果たすのか。何を求められ、どんな成果を出すべきなのか。現地での活動を見据え、その為に研修中に何を学ぶのか。自分はどこに力を入れたいのか、ということも考えました。また、1年後の自分へ向けた手紙も書きました(^^ゞ

1年後といえば、研修はもちろん、赴任期間を終えて帰ってきた頃です。日本語教育や文化交流、自分自身のタイ語の学習、課外授業…どんな活動をして、どのように変化しているのだろうか、変化していないことは何だろうか、同期のメンバーにどれほど助けられたのだろうかと、1年後の自分を質問攻めにするような内容になってしまいました(笑)その手紙を読む自分が、どんな表情でどんな答えをくれるのだろうかと考えると、今日からの自分の頑張りにかかってくるんだな、と気が引き締まります。

最後に、日本語国際センター所長より、「日本語パートナーズに期待すること」の講演がありました。とても広い視野でのお話で、ハッとさせられる事が多々ありました。でも、まだ頭でわかった状態でしかありません。日本語パートナーズとして研修や実務経験を積みながら、いつか所長が仰っていたことが本当に腑に落ちる時が来るのかなと、期待しつつも、半分以上は「果たして自分がそうなれるのだろうか」という不安でいっぱいです。

"Think Globally, Act Locally" という言葉を思い出しました。言うだけなら簡単ですが、いつも目の前のことでいっぱいいっぱいになってしまう私は、一歩引いたところから自分を観察し、評価することが必要だなと思いました。

 

明日はいよいよ、現地語研修!の、オリエンテーションです(^^ゞ

レベルチェックしてもらうほどの知識も無いのですが…クラス分けがある予定です。何をするんでしょう。テストがあると知っていてこんなに緊張しないのは初めてかも知れません。まだ何も答えられませんよ…?笑

早くタイ語の授業始まってほしいなぁー。

 

HaL

研修0日目

本日、3月21日は日本語パートナーズタイ5期、ミャンマー3期、シンガポール3期の派遣前研修の移動日でした。

 

あれよあれよと言う間に研修の日がやってきてしまいました。タイ語の勉強やら情報収集やら、予定ではもっと進んでいる予定だったのですが…。この1ヶ月あまり、通信の契約やら保険の切り替えやらの細々とした雑務に追われて気持ちの余裕が無かったのですが、来てみれば「昨日まで何をあんなにバタバタしていたのだろう?」と思います。なんで忙しかったのか思い出せないくらい、いっぱいいっぱいでしたが、それらの目処がついて、やっと研修に気持ちを向けられそうです。

 

そう、明日には研修が始まります。今日は基本的には国際交流基金日本語国際センターにチェックインを済ませる日です(この日は研修は組まれていません)。

私は遠方なので飛行機移動。その後電車で北浦和へ向かいました。あいにくの雨のため、重い荷物を持っての移動は一層疲れましたが、駅からも10分かからず(荷物が無くて道に迷わなければ)、周りにコンビニ・スーパー・100円/300円均一ショップ・ドラッグストアもあり、大変便利な立地です。

近所を散策したかったのですが、雨がひどいので断念。荷解きをして少し休んだ後は、センターの施設案内資料等に目を通して過ごしました。一通り目を通したところで、センター内探検へ!と思ったところ、夕食が始まっている時間だったので、ひとまず食堂へ。

人が多そうな時間を狙ったおかげもあり、ちょうど食事を始めようというタイミングの席に混ぜてもらって一緒に食事をしました♪食後の時間をどう過ごそうかと悩んでいましたが、その人達とお話できて、明日からの研修や現地での生活等、色々と不安を分かち合うことができました(^^ゞ

日本語教師養成講座もそうでしたが、色々なバックグラウンドを持った人が1つの目標を共有して協働することは、本当に得るものが多くて面白いと思います。これからの1ヶ月も、その後のタイでの生活へ活かせるように色んな人からたくさんのことを吸収していきたいと思います!

独りじゃないから、1人になっても頑張れる!のかも知れない^^

 

HaL

タイ語学習②:一夜漬けタイ語!?

タイ語の学習にあたり、文字の種類の多さに挫折した私は、旅行会話から勉強を再開することにしました(⇨前回:タイ語学習①)。

 

とにかく薄くて内容の限られた本を、まずは一冊やってみることにしました。色々なレビューを基に選んだ本はコチラ。

Amazonだとなか見!検索もできます。購入はいつも通り楽天でしたが(^^ゞ

選んだ理由はいくつがありますが、

・語学書では難解に見えた発音の説明もシンプルでわかりやすい

・カタカナ・ローマ字・タイ文字の表記がある(⇨後の学習にも役立つのでは)

・場面別フレーズ集がある・・・単語の入れ替えで幅広く使える

・無理のないボリューム

 

とりあえずこの1冊をしっかりやれば、現地での買い物を楽しむぐらいはできるのでは・・・?と期待しています^^

 

 =====================

と、ここまでを書いたのが約1ヶ月前。そのままブログ更新もせず、かといってタイ語の勉強も特に進まず…(私がやっていなかっただけで、上の本は素晴らしいんですよ。)

なんと今日は研修初日です。

 

ということで、タイ語学習については今後の研修での取り組みに触れていけたらいいなと思います。研修中、ブログを書く(気持ちの)余裕があるのだろうか…。やれるだけやってみます!

 

ひとまず、上の本で耳で覚えた単語は、タイの人に伝わりました。

単語だけでもすごく嬉しくて、モチベーションが上がったので、タイ語習得に向けてちゃんと頑張りたいと思います!!

 

HaL

タイ語学習①:書籍探し

日本語パートナーズ、タイ5期の内定が決まり、かじり始めた中国語を放り出して、タイ語の勉強をすることにしました。

 

発音の重要性

タイ語は文法は単純だけども、五声を含む発音がとにかく難しく、また文字も難解というイメージが多いようです。日本語は逆に文法が難しく、語彙が多く、発音は簡単と一般的には言われています。だからこそ、外国語としての日本語は発音教育があまり浸透していないのが現状のようです。しかし、一度定着してしまった自己流の発音はなかなか修正することが難しいもの。カタコトっぽい発音でも、意味が通じて会話が成り立ってしまうなら尚更です。そのため、初級からの発音指導の重要性とその難しさを、日本語教師養成講座の中でもよく考えさせられました(._.)

私は外国語は英語しかわかりませんが、英語でも日本語でも、発音が上手だとそれだけでその言語をよく習得しているように聞こえるものです。発音が良いと、その言語がよくできると勘違いされてまくし立てられてしまうようなことも起きます。そして逆に、例え正しい文法で話していたとしても、発音が訛っていると、どうしても子供っぽく聞こえてしまったりもします。発音は言語を構成する1つの要素に過ぎないかもしれませんが、その印象は全体に影響を及ぼします。

 

前置きが長くなりましたが、そういう考えの基に、まずは発音をしっかり身に付けて、発音と文字をしっかり呼応させて覚えようと、タイ語学習にとりかかることにしました。CD付きの教材を使うことがまず大前提です。

 

しかし、言語学習の本はなかなかいいお値段しますよね…。内容のボリュームを考えれば納得なのですが、手当たり次第にポンポン買っていくということはできません。私はまず、公立の図書館に置いてある本を借りて試すことにしました。CD等の音源付きの書籍であれば、それも一緒に借りることができますから、CDを聞きながら本を読んでみて、自分に合っていそうだと思ったら買おうと考えました。

 

タイ語はじめ、即挫折。

楽天Amazon等の書籍レビューを読み込み、図書館にある本の中でこれだ!と思うものを2冊ほど借りてみました。しかし正直、図書館のタイ語関連の本は充実しているとは言い難いものだったと、今では思います。なんというか、がっつり学習用の本しかなかったんですよね(勉強するつもりで借りるのに矛盾してますが;)。どういうことかというと、とにかく、難しくて挫折しました(笑)

発音から入って、すぐ文字に入るんですが、高子音やら中子音やら、表にされても全く頭に入ってきません(^_^;)入り口でつまづいてしまい、なかなか読み進むことができません。文字がわからないと単語を読むこともできないと思うものの、ちんぷんかんぷんのまま図書館の年末休みに入ってしまうため、本を返してしまいました。私にはタイ語のセンスがないんだなーと落ち込んでしまいました(._.)

 

学習の目的は?

年が明け、タイ語の勉強を再開しなければと思うものの、独学では無理だなぁ、なんて弱気になっていました。日本語パートナーズでは約1ヶ月間の研修中、現地の語学研修もあるので、その時に人から学んだほうがすんなり入ってくるだろうと思ったりもしていました。でも、それまで何もしないのも…(・・;)

最初は、文字が読めて看板等がわかったらいいなぁと思っていましたが、こうなったら旅行会話だけでも、と思い直しました。単語や基本会話を少しでも頭に入れておけば後が楽になるかもしれません。

私にもわかるタイ語の本はないのか?と探し求めたところ、文字の説明はなく、発音記号で旅行会話と簡単な文法を網羅できる本を見つけ、購入を決めました。

今度はその本について書けたらと思います。 

HaL

タイでの服装は…

こんばんは、HaLです。今日はいま現在も悩みながら準備を進めているタイでの服装について。

旅行であれば、寺院やレストランなど、行く場所のドレスコードに合わせて準備をすると良いと思います。暑いけど、長いパンツに襟付きシャツが無難ですね。

学校に赴任するとなれば、それ相応の服装であるべきだと思うのですが、何よりも心配なのは暑さ。。スーツというわけにはいかなさそうです。

日本の真夏よりもずっと暑いのがずっと続くと想像しているのですが、そうなると学校へ着く頃には汗だくになっているだろうなぁと…。学校に着いてから着替えたりとかすることになるかもなぁとか、想像力を働かせてみています(笑)

 

実際に何を買ったかはまた今度紹介するとして、タイでの服装には何を気をつけるべきなのでしょうか。

曜日によって色が違う

ところで、自分が生まれた曜日ってご存知ですか?在タイ歴の長い人に聞いたのですが、タイの方は皆さん自分の誕生曜日を把握しているのだとか。そして、その曜日ごとに決められた色がラッキーカラーとなるそうです。

日曜日:
月曜日:
火曜日:
水曜日:
木曜日:オレンジ
金曜日:
土曜日:

自分のラッキーカラーだけでなく、曜日の色を身につけることも縁起が良いそうです。また、国王や王妃に敬意を表して、彼らの誕生曜日にそのカラーの服を身に着ける人も多いのだとか。

曜日ごとの色の服を用意しておかねば…!こうやって見てみると、自分の服の色がいかに偏っているかを思い知らされます。赤も黄色もオレンジもピンクも無いよ…!笑

学校によっては式典の時には学校のイメージカラーを着ることもあるそうなので、バリエーションが揃っているのに越したことはありませんね。

自分の誕生曜日を知りたい方は、ネットで簡単に調べることができます。占いのベースにもなるそうです^^ ⇨曜日占い

アイロンがけが大事!

タイの人は身だしなみに気を使う、と何度も触れてきましたが、なんにでもアイロンをかけるのも特徴だそうです。例えば、カッターシャツだけでなくTシャツやポロシャツにもアイロンをかけるだけでなく、しっかりと肩のところに線が入るようにプレスするのだとか。また、下着にもアイロンをかける人も。Yシャツなんかをクリーニングを頼むと、ノリをこれでもかときかせて、パリッパリに仕上げてくれるそうです^^

当初、仕事用にノーアイロンのシャツを買おうかなと考えていたんですが、そのことを知って、大人しく現地でアイロンを買うことにしました。安ければ600バーツぐらいからあるそうなので、2〜3000円ぐらいで買えたらいいなと思っています。日本では、とにかくアイロンかける手間を減らしたくて、皺になりにくい素材などを選んでいましたが…タイではTシャツにもアイロンをかける女になります!

女性教師はスカート?

パンプスの記事でも触れましたが、先生という立場になると、それなりに求められる服装もあるようです。ある人の体験では「女性の先生はスカートにパンプス」とありました(もちろん、学校にもよると思います)。日本語パートナーズは先生とは違うんですが、前に立つ立場ですから、現地の先生に準じた格好をするべきかなと考えています(研修でも指示等があると思います)。

普段全くスカートを履かないので(合う靴がないから)、ちょっと困ってしまいました。毎日スカートを履くわけではないにしても、1つぐらい持っていないとと思って、ドレスアップにも使えそうで、楽なロングスカートを1つ購入しました(^^ゞ

 

購入したものたちはまた今度ご紹介できればと思います(^o^)

HaL